梅村日記

ヤンチャな僕等の赤裸々日記...?!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< カスタムロッド日記 | main | カスタムロッド日記「コルクの圧着と削り出し」 >>

昨日のボクシング世界タイトルマッチx2

長谷川選手!粟生選手!タイトル奪取おめでとうございます!

皆さん見ましたか!
2戦とも白熱しましたねぇ〜。
最初から最後までハラハラドキドキでこれぞボクシングって感じの試合でした。

まず、長谷川選手の試合。
前回の試合のKO負けから再起戦でのテストの試合も挟ずに
いきなり2階級重いフェザー級での世界タイトルマッチ。
しかも無敗のKOパンチャーが相手。
おまけに母親の不幸があったりと不安材料が多く、厳しい見方をする関係者が多い中
素晴らしい試合を見せてくれました。
必要以上にギリギリの位置でのパンチの交換!
長谷川の意地を見た感じです。でも、心臓に悪いです。
最後の2ラウンドは「もう勝ちは間違い無いんだから打ち合うのはやめてくれ~」
と、思ってみてました。
最後まで行くところがいいとこなんですがね!


そして粟生選手。
何度かお話ししてますが、この「粟生選手」、
私の所属していたジムに、小学生の頃、親父さんに連れられて兄弟で来てました。
兄弟スパーは白熱しておかしかったなぁ。
そんなチビッコの頃からやってるんだから強くなるわな。

相手のチャンピオン、タイベルト選手はアマチュア経験も豊富な強豪テクニシャン。
粟生選手のテクニックも封じられてしまうんじゃないかと大方の予想でした。
実際、1ラウンドのタイベルト選手はコリャ強いぞ!って感じでした。
ところが3R!まさに電光石火のカウンターでチャンピオンがダウン!
その後も今まで非難されていた消極的な試合運びとは違う
自分から仕掛ける積極的な試合運びで勝利を手にしました。
両対戦相手のブルゴス、タイベルトともいい選手でした。

やっぱり強い物同士だと面白くなるんですね!



悟朗日記 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする